Service

弊社提供サービス

① ICT活用戦略のご提案

OECDラーニングコンパス2030や、新カリキュラムに沿った形でのICT活用戦略を、御校独自の教育スタイルと合わせ、3ヶ年計画で変容までのストーリーをご提案します。

② ICTを活用した教育プロデュース (定期訪問型)

ICT活用アイディアだけではなく、お客様の学校理念、教科指導方針、さらには個々の先生方の強みを把握させていただいた上で、単元や目的に応じた教育活動のプロデュースをさせていただきます。ICTを教育現場で活用してきた経験豊富なプロデューサーが、必ず担当させていただきます。

③ ICT活用による業務改革のご提案と遂行 (定期訪問型・遠隔)

ICT活用が進まない原因が2018 OECD databaseにより明らかになりました。ノウハウの共有と、準備の時間が決定的に足りないことが、ICT活用を妨げる大きな要因です。限られた時間を最大限有効活用する情報体系を組み上げ、実装するための提案と準備を行います。

④ ICT教務・事務代行 (定期訪問型・遠隔)

ICTを導入すると、様々な業務が発生します。接続の設定や、端末の管理、セキュリティの確認、故障対応といった業務は専門的でかつ、生徒さんの人数分発生し得る案件となります。お客様の学校のICT担当の先生の業務量なども考慮していただき、弊社にお任せをいただきたいと思います。学校現場での豊富なトラブル対応経験から、安心のサポートをお届けします。

⑤ 新しい学びへのICT活用研修 (定期訪問型・遠隔)

一般的なアイディア共有の研修だけで、先生方が変わることはありません。弊社の研修は、お客様の教育現場での「実践」を先生方に求めることが前提で、カリキュラムが組まれております。インプットしたことを、各先生方が教育活動に効果的に落とし込めているかどうかを、必ず受講生全員に確認します。フレームワークに当てはめるのではなく、単元や先生方の強みにフォーカスした情報密度の向上方法をフィードバックさせていただきます。

最後、授業動画をポートフォリオさせていただき、お客様の学校での授業改革に役立てていただくWEB研修体系を構築します。

ポートフォリオしたICT活用研修の情報は、ICT活用のSAMRモデルに沿った先生方の活用状況を、弊社独自のルーブリックで整理させていただき、見える化した後、マネジメントの方々にご報告させていただきます。