Chat Forest#1 のダイジェストリポート

7月7日に行いました、ウェブ座談会「Chat Forest#1」のダイジェストリポートです。
ドキドキの第一回は、まずチェックインワークから入りました。
今週1週間で感謝したことを参加者で共有しました。
パートナーや上司、先輩、子どもたちに感謝するこのワークはアイスブレイクには良いテーマだったと考えています。

1時間という挑戦的な時間設定をしていたこともあり、早速自己紹介と今力を入れている取り組みのシェアへと移りました。
働き方、国内外の受験、個別教育のあり方、コミュニティマネジメントなど、不登校生徒への接し方など、初めて集まったメンバーだと思えない程教育に熱心なトークになりました。
質疑応答もコメントで残せるのはオンラインビデオチャットの良いところ。
発言はできなくても、文字で記録しておくことで深層心理を知ることができる一面がありました。

最後には今週1週間にトライしたいことをチェックアウトとして宣言して閉会しました。

運営としての雑感です。
初回は9名での実施となりましたが、深い対話とするには少人数生でも良いと感じました。
時間も1時間ではなく、時間にゆとりを持たせようと考えました。
まずは「やってみよう」の第一回は、それでも臨機応変に熱意を語ってくださった参加者の皆さまのおかげで、熱気を共有できる素晴らしい時間となりました。
参加者の皆さま、ありがとうございました!

引き続き、教育に関する良い対話ができる場をつくって参りたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA